勤めていた会社に空き巣が入り第一発見者になった話

皆さまこんにちは!

新・ぜんそく力な日常という実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。

今回もまた、を知る通信様に記事を寄稿させていただきました。よろしくお願いします。

さて今回、僕が皆さまに紹介するエピソードは、僕がかつて勤めた二つの会社で、二社とも空き巣被害にあったという、ちょっと珍しい話になります。

今から28年前、当時僕は、液晶ガラスを加工する工場に勤めていました。
ある日の朝、いつものように出勤をすると、工場の駐車場にパトカーが止まっていました。

何かあったのかな?と思いながら工場に入ると、事務所には警察官が……

すると僕を見つけた先輩が、

と、教えてくれました。

幸いな事に、お金や重要な書類は本社の方にあるので、工場は大きな被害は受けませんでした。

それでもパートを含め、工場の従業員が警察官一人一人呼ばれ、アリバイ的なことを聞かれ、そして……

全部の指の指紋を取られました!

指紋を取られて、これでもう悪い事は出来ないな〜って、ちょっと思いました。(悪い事するつもりないですけどねww)

結局、犯人は捕まらず、アリバイ聞かれ、指紋を取られて、ちょっと嫌な気持ちだけが残りました。

そしてその後、この会社を辞めて、プラスチック製品を作る射出成形の工場に勤めました。

もともと真面目な性格と、この射出成形という仕事が合うのか、僕の仕事ぶりが認められて、入社二年目から品質・生産管理の仕事を任されるようになりました。

そしてさらに、事務所以外の工場の戸締りを任され、工場の鍵を預かる様になりました。

「君を信頼している」とか言われ、僕もちょっと有頂天になっていましたが、実際は会社の誰よりも早く出社させられ、工場内の機械のスイッチを入れ、始業時間前に雑用や仕事の段取りをするなど、いいように使われていただけでした。

そして今から5〜6年前の朝、いつものように朝早く出勤して、会社の門を開け、事務所の方を見ると……朝はいつもは下りているはずの、事務所の玄関のブラインドが上がっている!

社長が帰る時に下ろすのを忘れたのか?

そんな事今までなかったよな……

少し不思議に思いながら、事務所の裏口の方に行くと

裏口の扉が全開になっている!

そして事務所の中を覗くと、棚や社長の机、事務員さんの机など、全ての戸や引き出しが全開になっていました!

これはまさか空き巣⁈

僕は急いで社長のケータイに電話をし、現状を報告しました。

そして、まだどこかに空き巣が潜んでいたら怖いので、慎重に工場内を調べて回りました。

よかった、空き巣はもういないようだ……

そして数分後、会社の近所に住む社長が駆けつけてくれてました。

あとは社長に任せておけばいいか……

いや、それでも僕が第一発見者だ!

工場の鍵を持ってるし、またアリバイ聞かれて、指紋取られちゃうのか……

あ、昔の指紋のデータが残っていたら、容疑者とかにされたりして!

うわ〜嫌だな……

と思いながら、作業着に着替え、仕事の準備をしていたら、お巡りさんが来ました。

状況を説明する為に、きっと僕が呼ばれるよな。

そして、社長の近くで待機していたら

第一発見者変わってるー‼︎

しかも何が、最初に出勤しただ💢

と、ちょっと不本意な所もあったけど、警察には全て社長が対応してくれ、手口からして、最近よく出没する空き巣だろうという事で、僕はアリバイも指紋も取られずに済みました。

こちらも幸い被害は、侵入した場所と見られる社長室の窓ガラスと、机の引き出しにあった数千円の現金だけで済み、事務所にあった大きな金庫は手付かずに済みました

僕は20歳から47歳まで、人生で二つの会社に勤めて、二社とも空き巣被害を経験するという、ある意味貴重な体験をしました。

皆さんの職場は空き巣とか大丈夫ですか?

以上で僕の話は終わりです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

著者 : 碧乃あか男

はてなブログで体験談をもとにした絵日記漫画を更新中。Twitterのフォロワーは2万人を超える人気ブロガー。

Twitter : @MrAK1971

Blog: 新・ぜんそく力な日常